読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

labunix's blog

labunixのラボUnix

FortiSandbox-VM Ver2.1.2を試してみる。

■FortiSandbox-VM Ver2.1.2を試してみる。
 ディスク容量は100GBは使用するので注意。
 vmxフラグについては後述。
 基本的には下記と同じ。現時点での最新版を使用。今回はライセンス有り。

 VMware Workstation 10にFortiSandbox-VMをインストール
 http://labunix.hateblo.jp/entry/20151026/1445795680

$ vmware -v
VMware Player 12.1.0 build-3272444

■FortiSandboxのIPアドレスを設定
 管理用のport1(L2の接続範囲/bridge)と外部接続用のport3(vmnet8)のみ使用する。
 port2は前回と違い、適当に付けただけで後でスニッファモードにする。

> set port1-ip 172.16.247.41/255.255.255.0
> set port2-ip 192.168.0.41/255.255.255.0
> set port3-ip 192.168.152.41/255.255.255.0
> set default-gw 172.16.247.10

■今回は以下のような非常にシンプルな構成

$ echo "[FSA] --> [port3->FGT-80C],[port1->WAN-Router]" | graph-easy --dot
digraph GRAPH_0 {

  // Generated by Graph::Easy 0.75 at Mon Feb 22 02:59:36 2016

  edge [ arrowhead=open ];
  graph [ rankdir=LR ];
  node [
    fillcolor=white,
    fontsize=11,
    shape=box,
    style=filled ];

  FSA -> "port1->WAN-Router" [ color="#000000" ]
  FSA -> "port3->FGT-80C" [ color="#000000" ]

}

■FortiSandbox-VMにライセンスをアップデートする。
 ※Registration Codeでライセンスを有効にした際の
  IPアドレスに紐付いている必要がある。
  Windows-VMのダウンロードリンクもそこにある。

  [SerialNumber.lic]形式のライセンスファイルを読み込むために
  自動的に再起動する。

■GUIで各アプリケーションが外部との疎通が取れるようGUIで設定する。
 基本的に上から順に設定。
 ここはFortigateをいじっていれば、
 メール設定以外は特に迷わないと思うので内容についてはスルー。
 メール設定はマウスオーバ時の注釈に騙されず、良く読めば気がつくw。。。

■scpによるアップロード
 Windows VM Packageをダウンロードしてscpでアップロードする。
 各オプションの後ろにスペースを入れてはいけない。

 アップデートが終わると、再起動が自動的に走る。
 [Installing VM image ....]が結構長く、メモリも8GB近くをずっと使用する。

> fw-upgrade -v -s172.16.247.254 -uadmin -pPassWord -f/WinVM/2015022314_vm.pkg.7z
2015022314_vm.pkg.7z                          100% 7557MB  18.5MB/s   06:49
Start installing VM image file /WinVM/2015022314_vm.pkg.7z
Reboot system! 

> vm-licence -l
4 keys in total
KEY_WINXP XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX
KEY_WINXP XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX
KEY_WIN7 XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX
KEY_WIN7 XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX
Windows Product Keys Validation .......... Passed

■CPU仮想化をゲストOSから使えるようにする必要がある。

> vm-status 
ERROR: CPU virtualization is not enabled. VM initialization has been stopped.
Virtual Hosts Initialization .......... Failed

Installed VM Images:
ID Ver Name

■vmxフラグの無いCPUだったので、
 メモリが少なめの別のホストに移動して再度実行。
 「vhv.enable」フラグとroot権限での実行が必要。
 「tail -f vmware.log*」していれば
 OSが起動する前に「VMX exit (0).」となってしまうことに気がつく。

$ tail -2 vmware/FSA-VM/FSA-VM.vmx
vmx.allowNested = "TRUE"
vhv.enable = "TRUE"

■XP2台とWIN72台(x86/x64)が稼働した。

> vm-status 
INFO: The VM initialization is under processing. Please wait.
Virtual Hosts Initialization .......... Processing

Installed VM Images:
ID Ver Name
4 6 WINXPVM1
1 7 WINXPVM
8 6 WIN7X86VM
2 7 WIN7X64VM

■きちんとvmxフラグが見えている。

> hardware-info 

### CPU info
processor	: 0
...
flags		: fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic sep mtrr pge mca cmov pat pse36
 clflush dts mmx fxsr sse sse2 ss syscall nx rdtscp lm constant_tsc arch_perfmon pebs bts
 nopl nonstop_tsc aperfmperf pni pclmulqdq vmx ssse3 cx16 sse4_1 sse4_2 popcnt xsave avx
 hypervisor lahf_lm ida arat epb pln pts dtherm tpr_shadow vnmi ept vpid
...