読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

labunix's blog

labunixのラボUnix

Windows2003R2評価版の初期設定

■Windows2003R2評価版の初期設定

 今更ながら、Windows2003R2(32bit/English)評価版をvmdkに変換する。
 http://labunix.hateblo.jp/entry/20150325/1427210512

■ログイン

Administrator
Evakuation1

■インストールメディアやサポートツールの場所
 メディア要求をされる場合に指定する最上位フォルダ。
 「Dドライブ」の代わり。

C:\Windows Instllation Files

■日本語キーボード、日本語変換設定

Control Panel -> Regional and Language Options -> Languages(tab) -> Install files for East Asian Languages(Check On)
Advanced(tab) -> Japanese -> OK(Restart)

Control Panel -> Regional and Language Options -> (All Japanese)1時間に1回の再起動「Event ID: 6008」を回避

System Properties -> Advanced -> Startup and Recovery -> Automatically Restart(Check Off)

■Proxy設定

Internet Optionsに設定後、懐かしの「proxycfg」。
「netsh winhttp」サブコマンドでは無いので注意。

> proxycfg -u

■1CPU/x86でした。。。

> systeminfo | find "Type"
Build Type:             Uniprocessor Free
System Type:               X86-based PC