読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

labunix's blog

labunixのラボUnix

Fortigate 80Cの初期設定を簡単にする。

■Fortigate 80Cの初期設定を簡単にする。
 githubに置いておきました。

$ w3m -dump \
    "https://raw.githubusercontent.com/labunix/fortigate-80c-settings/master/fortigate-80c_basic.sh" \
    > fortigate-80c_basic.sh
$ chmod +x fortigate-80c_basic.sh

■万が一用にコメント内に工場出荷用のコマンドも入れておいたけど、
 下記があるので、パスワードの登録に失敗したとしても安心。

 FortiGate-80Cの初期設定、バックアップ、リストア、アップグレード
 http://labunix.hateblo.jp/?page=1419228797

■コメントにある通り、シリアルコンソールで繋げてコピペで設定出来る。
 スタンドアローンのNAT/ルートモードの初期設定とその確認をする。

 ※サブネットの設定方法がコマンドによって違うので、例を参考に合わせて下さい。

 linux/unixならscriptなり、WindowsならTeraTermなりでログをとっておけば、
 設定された内容も確認できる。
 その後はWeb管理か、telnet、sshで。

$ ./fortigate-80c.sh

# グローバル設定
config system global
  set timezone 60
  set language 
  end

show system global

# 管理NIC設定

config system interface
  edit internal
  set ip 172.31.31.252/24
  set allowaccess ping telnet ssh http https
  set status up
  end

show system interface internal

# 管理NICルーティング設定

config router static
  edit 1
  set device internal
  set dst 172.31.31.0/255.255.255.0
  set gateway 172.31.31.254
  end

show router static

# 管理者設定

config system admin
  edit admin
  set password Password
  set trusthost1 172.31.31.0 255.255.255.0
  end
show system admin

■余談
 gitの使い方を忘れたのでついでに。。。

 Squeezeにgitサーバを立てる
 http://d.hatena.ne.jp/labunix/20120225

$ git clone https://github.com/labunix/fortigate-80c-settings.git
# 編集
$ git add .
$ git commit -a -m "1st standalone basic setting"
$ git push https://labunix@github.com/labunix/fortigate-80c-settings.git master